小幡建設が建てた家のインテリア

お客様の理想の家づくりを実現するために、地元を奔走する小幡建設社長のブログ

床暖房について。

2017年12月2日

「家づくりQ&A」へ質問投稿がありました。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
Q.質問
家を新築するにあたり、私は床暖房にしたいと思っています。
けれど、主人は「金額が高くなるから」と反対しています。
そこで、実際、床暖房にすると
どんなメリットやデメリットがあるのかを教えてほしいのです。
よろしくお願いします。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
A.回答
メリット
1、暖かく気持ちよくて快適
2、電気カーペットより衛生的で、掃除がしやすい。
3、ファンヒーターみたいに室内の空気が汚れない。
4、エアコンの様な空気の流れを感じない。
デメリット
1、初期設備日が必要。
2、高い温度だと低温やけどするらしいです。
  「使用してますが、1度していません。)
3、床暖房がない部屋に行きたくなくなる。
追伸
当社では、暖房を床暖房より快適な24時間365日1台の普通のエアコンで家じゅう
の温度を一定にして冷暖房する方法をおすすしています。
床温度は裸足で床が冷たくない温度になります。
家じゅうの物体がすべて冷たくない温度になるので、
快適で、真冬でも朝早く起きても寒くない家です。
真冬・真夏でも毎月の電気代は24時間1カ月稼働しても
1カ月の冷暖房費が1万円以下です。
この様なシステムをワンオールシステムと名つけしました。
気になりましたら、お気軽にご相談ください。
セントラルエアコンと言われているシステムでは、
毎月の冷暖房費の電気代が数万円年間20万円以上の電気代
にもなるものが一般的です。
高額になると24時間365日エアコンを稼働できなくなり
スイッチを入れたり切ったりすることで、快適性に欠けてします。
ご注意ください。
いつもありがとうございます。
お客様のブログ
2014年7月までの過去のブログ (エキサイトブログ)