思い出の欄間を使った桧と杉のわが家 (葵桧の家)

思い出の欄間を使った桧と杉のわが家の写真

ひとめぼれの一枚板から始まったわが家。(岡崎市・I様邸 : 葵桧の家)

材木市場でオーナー様が出会った杉の一枚板…。それはまさに、ひとめぼれでした。その杉の板を囲んだ家族団らんをイメージして、家づくりが始まりました。
欄間や手すり、カウンターテーブルなど、あちこちにオーナー様のお気に入りが増えていき、気がつけばそのひとつひとつがこだわりになっていました。

LDK

  • LDKの写真

キッチンカウンターにはひとめぼれした杉の一枚板のカウンター。力強い8寸の桧の大黒柱を使用し、床は桧の無垢材で床暖房を装備しました。

和室

  • 和室の写真1
  • 和室の写真2

写真左:オーナー様の御実家で使われていた思い出の欄間を再利用。

写真右:温かみがあって部屋全体をやさしくする障子。ワーロン紙貼りなので、触っても破れません。

  • の写真1
  • の写真2

写真左:玄関に入って目を引く欄間。自然の形をそのまま活かしました。柱は森林伐採ツアーに参加して選んだ桧を使用しました。

写真右:障子越しの丸窓は強い西日を和らげます。カウンターは材木市場で購入した杉板を使用しました。

外観

  • 外観の写真1
  • 外観の写真2

写真左:丸窓の和風モダンな外観。

写真右:格子をくぐって明るい玄関へ。

洗面室・階段

  • 洗面室・階段の写真1
  • 洗面室・階段の写真2

写真左:洗面台はアラビアンチックで楽しいタイル貼り。

写真右:階段には人の目線や気配をやさしくさえぎりつつ、閉鎖的にならない桧の格子。

トイレ

  • トイレの写真1
  • トイレの写真2

写真左:カウンターは材木市場で購入した杉板を使用しました。

写真右:手摺りは、小幡建設のMOKUMOKU工房にあった枝木を使用。

  • トイレの写真1
  • トイレの写真2
  • トイレの写真3

【 お問い合わせはこちらから 】

必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
郵便番号を調べる
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須電話番号
必須送信確認