スタッフブログ

すじかい!!

2019/05/31

こんにちは!

住宅アドバイザーの秋田です。

 

 

 

 

柱と柱の間には筋交(すじかい)または、筋違(こちらも、すじかい)

と呼ばれる斜めに取り付けられた部材があります。

 

 

これは何のためにとりつけるのか????

 

 

 

弊社でも行っている在来工法では、縦に伸びる柱と

横に伸びる梁で建物を建てますが、それだけでは

横からの力に弱いんです(T_T)

 

 

マッチ棒で、箱を作ってる状態ですね。

 

 

なので、この筋交を入れると一気に強度が増します。

 

強度計算をして、この筋交がいくつ、

どこに必要か、計算して取り付けていますよ!

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2017 株式会社小幡建設. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.