残り野菜でキッチン栽培 |ブログ|株式会社小幡建設

blog

残り野菜でキッチン栽培

天候不順のためか、野菜の価格高騰が続いていますね!こんな時、お家で野菜が作れたらと思いませんか?でも、お庭やベランダで家庭菜園というと、ちょっと大変そう…。キッチンで、しかも!お料理で使った野菜の根元や芯の部分を再利用して野菜の栽培ができるなら、お手軽ですよね!
ポイントは1日1回水を交換すること。水が多すぎると、カビがはえたり、腐敗することがあります。

● ねぎ
数センチの長さを残して切った根元を水に差しておきます。
短く切りすぎると育たないので注意しましょう。
● キャベツ
芯を切り取り1センチほどの深さに水を張った容器に入れておきます。
数週間で新しい葉が生えてきます。
● 豆苗
根っこの部分をトレーなどに載せ。根が浸るぐらいの水を入れます。
7から10日ぐらいで再収穫できるようになります。

以前、私も、ねぎと豆苗を試した事があります。どちらも、面白いぐらいよく伸びて2・3回収穫できました。キャベツも同じように水栽培ができるのですね !! 今度、試してみようと思います。

6月号キッチン栽培

一覧へ戻る

電話で相談する LINE@

LINEでの
ご相談も受付中!

パソコンのメールはあまり見ないという方は、
LINEから資料請求・無料相談・見学会予約もしていただけます。
小幡建設アカウントをお友だちに追加すると、トーク画面でメッセージと画像のやりとりができるようになります!

LINE@友だち追加はこちら