スタッフブログ

泥棒しました(T_T)

2019/07/23

こんにちは!

 

住宅アドバイザーの秋田です!

 

 

今日は、岡崎市細川町の解体のお客様のお宅をお借りして、

 

 

警察の方や、地域の方々のご協力のもと、

 

 

防犯勉強会を実施しました!!!!

具体的に何をしたかと言うと、玄関扉をこじ開けたり、

 

 

窓を割って、家に侵入するというものです。

一昔前の玄関扉は道具を使えば、少しにぶい音がして、ものの5秒ほどで突破されます。

 

 

窓ガラスに関しても、簡単に手が入りカギが開きます。

 

 

そして、面格子。

 

「面格子があれば、人の体が通らないから安心」というイメージが強く、

 

 

ついつい窓ガラスは開けっ放しなんてことありませんか?

 

 

面格子も木製であれ、スチール製などであっても、簡単に引っこ抜かれてしまいます。

 

 

空き巣対策で大事なことは、侵入に時間がかかる状態にする(物を使う)ことです。

 

 

空き巣は犯行を5分で済ませるそうです。

 

 

最初の侵入の時点で1分でも2分でも時間をかけられれば、やーめたとなる可能性大です。

 

 

防犯ガラスを使うことは、それだけで抑止力になります。

 

 

これだけ防犯ガラスじゃない家があるのに、防犯ガラスの家を狙う理由はないですよね。

 

 

 

空き巣はハリーポッターみたいに壁をすり抜けて入ってくるわけではありません。

 

 

必ずサッシか玄関扉から入ってきます。

 

 

今回実際に体験してみて、音も出さずに侵入することなんて、

 

 

素人でも容易だと分かりました。

 

 

空き巣被害に遭ってないのは、たまたまか、金目の物がないと判断されたかだけだと思います。

 

 

弊社のサッシは1階は全て防犯ガラスです。

 

 

実際にどれだけ貫通に時間がかかるかも、「」今回、実験しました。

 

 

思いっきりやらないと、侵入に効果的なダメージはあたえられません。

 

 

全然安心感が違います。

 

 

思いっきりやった時点で大きな音が出ます。すごく犯行はやりにくいです。

 

 

 

 

 

Copyright© 2017 株式会社小幡建設. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.