スタッフブログ

コロナと防犯の意外な関係性!

2020/05/05

こんにちは!

 

 

 

 

 

アドバイザーの秋田です!!

 

 

 

 

 

 

GWいかがお過ごしでしょうか(*’ω’*)?

 

 

 

 

 

 

先日ネットニュースを見ていて気になる話題が出ていました。

 

 

 

 

 

 

コロナウイルスの影響で、

 

 

 

 

 

 

学校が休みになった子ども達だけで留守番中に、

 

 

 

 

 

 

 

泥棒と鉢合わせるという事案が県内で4件発生している

 

 

 

 

 

というものでした。

 

 

 

 

 

 

幸い子ども達に被害は及んでいないとのことですが、

 

 

 

 

 

 

想像しただけでゾっとしますよね(´・ω・`)))))

 

 

 

 

 

 

 

泥棒は5分でことを済ますと言われています。

 

 

 

 

 

 

いくら閑静な住宅街で、周りに人の気配が全くなくとも

 

 

 

 

 

 

時間がかかればかかるだけリスクになります。

 

 

 

 

 

 

ですので、侵入にかける時間はたったの数秒だそうです。

 

 

 

 

 

 

小幡建設で新築で建てさせて頂く場合、

 

 

 

 

 

1階部分に関しては、防犯ガラスを標準としています。

 

 

 

 

 

見えづらいですが、昨年警察協力の下、

 

 

 

 

 

 

岡崎市で防犯教室をさせて頂いたときの写真です。

 

 

 

 

 

 

大の大人がハンマー等でガンガンに打ちつけても簡単には貫通しません。

 

 

 

 

 

 

ガスバーナーであぶってみたりもしましたが、

 

 

 

 

 

 

 

それでも貫通までにかかる時間は2分!!

 

 

 

 

 

 

防犯ガラスはCPガラスというシールが表面に貼ってあります。

 

 

 

 

 

 

誰が見ても防犯ガラスだと分かります。

 

 

 

 

 

 

もし皆さんが泥棒だった場合、リスクを冒してまで

 

 

 

 

 

 

防犯ガラスの家を選ぶでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

周りに「防犯ではない」家がいっぱいあるのに…

 

 

 

 

 

泥棒に狙われるかどうかは、

 

 

 

 

 

 

 

家を建てた時に決まるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

今後もお子さん達だけでお留守番をするシーンが出てくるかと思います。

 

 

 

 

 

 

防犯対策を今一度考えてみましょう(`・ω・´)!!

Copyright© 2017 株式会社小幡建設. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.